私を構成する42枚をやってみました。

 私を構成する42枚という自分の好きなCD、アーティストなどをまとめた画像をSNSで見ていてとても楽しくて、自分でも作ってみました。


 作ってみたら予想どおりとても楽しくて、あっという間に時間がとけていきました。
 自分が10代から20代を中心に影響を受けたアルバムで、各アーティスト1枚にしぼりました。
 そのときの気分や時期によって入れ替わりますが、一番上の10枚がおそらく不動の10枚だと思います。
 アーティストごとにどのアルバムにするか相当悩んだり、42枚が多いようで少なくて、泣く泣く外したアルバムもたくさんあります。(そのアルバムも紹介したい。。)
 ジャンルごと、国ごと、年代ごと、考えはじめると、止まらないです。

 私を構成する42枚の作成方法ですが、こちらのサイトで作成をしています。
 Topters 2: last fm collage & album chart maker

 左上の「Album,artist, or URL」にアルバム名やアーティスト名を入れると、下にジャケットが出てきますので、それをクリックして、右側の枠にドラッグをすることで、作ることができます。
 「show options」をクリックすると、アルバムタイトルを入れるかどうか、アルバム枚数何枚にするか(最大144枚までできます。)など設定できますので、よかったらみなさんもやってみてください。

アルバム紹介(上段から左→右の順になります。)(一言コメント随時追加中です。)
AC/DC「AC/DC Live」
 高2の冬、友だちと電車で行った街のタワレコで買ったライブアルバム。このアルバムのあとにスタジオ盤で聴いた曲は当時なんだか物足りなく感じた。熱量がものすごいライブアルバム!
Atari Teenage Riot 「60 Second Wipeout」
 ノイズまみれのデジタルハードコア。大学卒業後、悶々としていた時にイヤフォンで爆音でよく聴いた。
BABYMETAL 「BABYMETAL」
 メタルの魅力に気づかされ、自分をメタルに引き戻した主犯格。かわいく、楽しく、かっこよく、激しい。
Carcass「Heartwork」
 CDを再生して1曲目のギターソロがはじまった瞬間、あまりの美しさに耳を完全に奪われて、夢中になって虜になった。今年、ようやく初ライブに行く予定。
The Flaming Lips「The Soft Bulletin」
 音の万華鏡。聴くたびに常に発見がある大好きなアルバム。
The Hellacopters「Supershitty to the Max!」
 アルバムの1曲目はそのアルバムを気に入るか重要で、かつデビューアルバムの1曲目はそのバンドが好きになるかを占うもの。
Husker Du「New Day Rising」
 タイトルと音がドンピシャな大好きなアルバム。音のざらざらした質感とメロディの甘さが好きで、このアルバムには何度も救われた。「Celebrated Summer」本当によく聴いた。
Jim O'rourke「Eureka」
 個人的最重要アーティスト。無人島に持っていくCDの一枚。
KISS「Alive!」
 高2にあがる前の春休みに聴いて次の日、発熱し寝込んでしまった。ギターのエースフレーリーのフレーズとトーンが大好きで、この時期の彼の手には魔法が宿っていたと思う。
perfume「⊿」
 「GAME」とどちらにするか非常に迷った、けれど大名曲「love the world」が入っているので。「ポリリズム」前後、まだそこまで爆発的に売れてなくて、売れないアイドルだってバカにしてた元彼女を見返したい。2008年サマソニで観てたら雪崩が起きて横倒しになったのはいい思い出。
Aerosmith「Get a Grip」
 高3のときにずっと聴いた。大学に入ってからジョーペリーモデルのレスポールを買うくらいジョーペリーが好き。
Deafheaven「Sunbather」
 ブラックメタルミーツシューゲイザー、意味が分からなくて聴いたら納得、トレモロもうなり声も、音がキラキラ光っている。傑作。
Deep Purple「Purple Chronicle」
 高校受験のあと、音楽を聴くのが解禁になって買ったボックスセット。
Guitar Wolf「Jet Generation」
 ロックンロールの野蛮さがつまっている。ロックで殺せ!「UFOロマンティック」も傑作。
The Jam「In the City」
 大好きなアーティストPaul Wellerの原点。リッケンバッカーの音が最高。
The Jon Spencer Blues Explosion「Acme」
 ジョンスペが好きで、その一枚となるとこのアルバム。ジョンスぺのドラッグ中毒の友だちを救うために一緒に前身バンド「Pussy galore」をしていたという男気あふれるエピソードが大好き。
Maison Book Girl「image」
 矢川葵ひとめぼれからの変拍子。この音楽性があったから最初から最後までずっと好きでい続けられたのかもしれない、甘くないアイドルグループ。
Rancid「...And Out Come the Wolves」
 初めてパンクがかっこいいと思ったバンド。ここから、The Ramones、The Clash、The Jam…とパンクも聴くように。
Spiritualized「Ladies and Gentlemen We Are Floathing in Space」
The WiLDHEARTS「The Best of The WiLDHEARTS」
でんぱ組.inc「WORLD WIDE DEMPA」
bloodthirsty butchers「未完成」
Buono!「The Best Buono!」
 ピザーラおすすめ!のCMでなんだかクセになり、調べ始めたら沼落ち。ももち最高。
Iron Maiden「Best of the Beast」
Johnny Thunders「So Alone」
JUDY AND MARY「The Power Source」
The Mad Capsule Markets「Digidogheadlock」
Metallica「Metallica」
Thee Michelle Gun Elepant「Gear Blues」
 アベさんに続き、チバさんまで。音、ファッション、たたずまいがトータルで最強のアルバム。
Mr.Big「Lean Into It」
Number Girl「SCHOOL GIRL BYE BYE」
The Replacements「Sorry Ma,Forgot to Take Out the Trash」
The Smashing Pumpkins「Mellon Collie and the Infinite Sadness」
The Who「Who's Next」
X Japan「Jealousy」
きゃりーぱみゅぱみゅ「もしもし原宿」
 かわいい世界へようこそ!最高にハッピーな気持ちになれるアルバム。
くるり「TOWER OF MUSIC LOVER」
椎名林檎「無罪モラトリアム」
 椎名林檎が大好きすぎて、このアルバムと「勝訴ストリップ」が出た頃、結婚したいと本気で思う、そんな人々の一人だった。
中村一義「ERA」
森高千里「Taiyo」
 高校受験のいやし。明治チョコレートのCMをやっていてグッズが欲しくてたくさんチョコを食べた記憶が。江口洋介、にくかったなぁ。
矢川葵「See the Light EP」
 最推し。かわいいのにしゃべるとやわらかい関西弁のギャップもまた。今は昭和アイドルソングのカバーやNight TempoさんプロデュースのFANCYLABOとして活動中。