法定相続情報証明制度について

 法定相続情報証明制度について、みなさんご存じでしょうか。
 相続が発生し、例えば、金融機関で被相続人の通帳の払戻しをしようとした場合ですが、遺言や遺産分割協議書がない場合には被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明書などが必要になります。
 そして被相続人の利用していた金融機関が複数あったり相続税の申告が必要であったりした場合は、この戸籍謄本の束をその都度持っていかなければならず、一つでも欠けてしまうと改めて取り直さなければならないこともありました。

 法定相続証明情報は、法務局に戸籍一式と法定相続情報一覧図などを提出することで、登記官が内容を確認し認証文付きの法定相続情報一覧図の写しを交付してもらえます。
 そして、戸籍の束がなくてもこの一覧図を持っていくことで金融機関などで手続きをすることができるとても便利な制度になります。
 また、法定相続情報一覧図は一度法務局に申し出ることで、申出後5年以内であれば無料で何度も取ることができます。(郵送で依頼する場合には郵送料がかかります。)
 平成29年から始まった制度ですがとても便利な制度なのでもっと広めていきたいと思っています。
 相続登記の際にもちろん使用することができますし、被相続人名義の不動産がない場合にも作ることができますし、年金等の手続にも使うことができます。
 また相続人が多数で遺産分割協議がこれからであってもあらかじめ申出を行い、遺産分割協議後の手続をスムーズに進めることもできます。
 ぜひ、法定相続情報証明制度の活用をお願いします!
 内容や申出したいけれどどうしたら・・・などのご相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください!

 法定相続情報証明制度について(法務省サイト)
 法定相続情報証明制度(パンフレット)